遺産相続に強い弁護士事務所
03-5293-1775
受付時間は平日9:00〜18:00
Webで相談予約
Webなら24時間365日受付!
遺産分割・相続TOP  /  遺産分割の解決事例一覧  /  収益物件について相続開始後の賃料請求も含めて調停で解決した事例

収益物件について相続開始後の賃料請求も含めて調停で解決した事例

日比谷ステーション法律事務所にご相談いただいた遺産分割の解決事例についてご紹介します。

遺産分割の解決事例の概要

案件概要

トラブルの内容 収益物件の遺産分割
解決方法 遺産分割調停
解決までの期間 2年10ヶ月
財産の内容 現預金:5千万円
不動産:3億円
株式等:8百万円

遺産分割トラブルの内容

遺産のうち,収益物件が複数あったものの,相続人の一部が生前から管理していたこともあり,相続開始後の賃料を独占しようとしたばかりか,法定相続分を大きく超える財産を取得しようとして譲りませんでした。

相手方の主張・対応

先方は,賃料の管理等について貢献したことから,相続開始後の賃料や法定相続分を超える財産の取得は当然と主張していました。

日比谷ステーション法律事務所の対応・主張

先方の主張は寄与分として認められるものではありませんでしたので,賃料については相続開始後先方の口座に入金されたものから適正な経費を控除した残額を法定相続分に応じて返還するよう徹底して要求し,遺産の分割方法も法定相続分を下回るような譲歩は一切しませんでした。

解決のポイント(弁護士による解説)

相続開始後の賃料等

遺産に収益物件が含まれる場合,相続開始後,遺産分割がまとまるまでの期間に発生した賃料等は,法定相続分に応じて取得するのが法律に則った処理となります。本件のように,物件を管理している当事者が独占使用とすることは珍しくありませんが,話合いで返還に応じない場合には,遺産分割とは別に民事訴訟を提起する必要があります。

調停申立てのタイミング

本件では,不動産の数が多く,先方の主張があまりに理不尽で交渉による解決は難しいと判断されたため,受任後直ちに調停申立ての準備に着手し,迅速に申立てを行いました。

遺産相続の問題解決を目指す方へ

日比谷ステーション法律事務所では,相続問題の解決に向け,依頼者の利益のために最善を尽くします。
遺産の内容や紛争の経緯,依頼者のお気持ち,依頼者の置かれた状況を踏まえ総合的に検討し,最適な解決方針を初回法律相談時にご提案いたしますので、お気軽にご相談下さい。 03-5293-1775
ご相談・お問い合わせは完全無料