日比谷ステーション法律事務所
03-5293-1775
お電話受付時間 平日10:00〜18:00
Webで相談予約
Webなら24時間365日受付!
TOP  /  解決実績

解決実績

ケース1
手続き
交渉
遺産の種類
土地、建物、現預金、株式(非上場のものも含む)
遺産総額
約3億4千万円
コメント
土地や非上場株式といった分割の困難な遺産が含まれておりましたが、早期に相手方も代理人がついており、かつ、双方とも早期解決を望んでいたことから、調停をせずに交渉で遺産分割協議がまとまりました。寄与分や特別受益の問題もあり、仮に調停や審判となった場合には、解決まで1年以上は優にかかる見込みでした。
このように、相手方にも早期解決の意向があり、特に代理人がついているケースでは、調停を申し立てる前に遺産分割協議を成立させられる可能性が比較的高いといえます。
ケース2
手続き
調停
遺産の種類
土地、建物、現預金
遺産総額
約8千万円
コメント
母が被相続人、相続人は依頼者である長女と長男の2名でした。相手方の長男は実家を出たまま長年音信不通で、母の介護等をほとんどしなかったにもかかわらず、遺産分割では法定相続分どおりの遺産の取得を希望したことに長女が納得できず、交渉による解決の見込みがなかったため調停となりました。
長女としては寄与分の主張をしたいところでしたが、本件では特別の寄与が認められる事情がありませんでした。しかしながら、調停委員に長女が長年にわたり同居して介護等に努めたのに対し、長男は音信不通であったという事情を熱心に説明したところ、最終的にはこの点が考慮された分割割合により調停が成立しました。
ケース3
手続き
調停
遺産の種類
土地、建物、現預金
遺産総額
約6千万円
コメント
不動産の名義が父になっており、父の死亡後に遺産分割協議をしないまま母が死亡したという、再転相続の事案でした。相続人は長男と二男の2名で、兄の代理人として遺産分割調停を申し立てました。依頼前、当事者同士で話合いをしたところ、相手方である弟が、多額の使途不明金があったにもかかわらず十分な説明をしなかったからです。調停では、使途不明金の問題は扱えないのが原則ですが、本件では、相手方も調停で解決したい意向でした。相手方からは、使途不明金について、遺産分割の対象とならない旨の主張が様々なされましたが、いずれも法的には理由とならない旨反論し、調停委員も同様の見解を示して相手の説得に当たったため、使途不明金の大部分を遺産に持ち戻した上で、法定相続分どおり折半する内容の調停が成立しました。